■優良サイトの選び方

出会い系サイトをいざ使ってみようと思ったときに、一番最初に悩むのがどこのサイトに登録すれば一番出会いやすいのかということです。

メディアの広告だったり、ティッシュ広告だったり、口コミだったりいろいろな評価基準がありますが、結局どこのサイトが一番出会いやすいのかわからないですよね。

当記事では、本当に出会いやすくて優良な出会い系サイトの選び方を徹底解説しているので、これから出会い系サイトを始めようと思っている人はぜひ参考にしてみてください。

以下にサイト選びのテクニックを解説しているので、参考にすれば、本当に自分に合ったサイトに出会えると思います。

●出会い系サイトの選び方が重要

そもそも、なぜ出会い系サイトの選び方を身につけておかなければいけないのか知っていますか。

出会い系サイトは料金が安くて会員が多いところに登録しておけばいいと思っている人がいますが、全くそんなことはなく、多角的に選ぶ必要があります。

出会い系サイトにはちょっとコツを覚えればすぐに出会うことができる本当に優良なサイトと、何をしても全く出会えないサイトの二つに分けられます。

前者のサイトは本当に出会いやすい登録者数が1000万人規模のサイトで、後者はスパムメールなどを大量に送ってくる悪質サイトです。

後者は悪質サイトで、サービス開始からだます目的でしかつくられていないサイトです。

こういうサイトは女性の利用者がそもそもいないので出会う出会わないという次元ではなく、サクラばかりです。

もしあなたが出会いを求めているのであれば、後者の出会えない悪質サイトに登録することだけは避けましょう。

そのために、出会い系サイトやアプリを選ぶ目を身につけておけば、本当に優良なサイトに登録して出会いやすいサイトを利用することができます。

●会員数が多いサイト

会員数の多さや知名度の高さは、特に出会い系サイトを選ぶときに優良サイトを見極めるときにみるべきポイントです。

会員数が多い老舗のサイトであれば、会員数が多いので、女の子もそれだけたくさん登録しているサイトで、出会える確率が高いサイトと言うことです。

男性にとって出会い系サイトの知名度が高いということは女性の会員数が多いことに比例して、出会いやすいことにつながります。

ちなみに、どれくらいの会員数がいればいいのかと言えば、累計の利用者が500万人を超えていればダントツで出会いやすい超優良サイトといっても過言ではないでしょう。

300万人以上という会員数は今までの合計の登録者数で常にこれだけの利用者がログインしているわけではありませんが、一日のログイン者数は3000人くらいはいることでしょう。

それから知名度や会員数の他に優良サイトを見極める方法として運営実績もチェックしましょう。

運営実績の基準としては10年以上もあれば、これだけの数の出会い系サイトが出現しては消えていく中で、圧倒的な実績といえるでしょう。

運営実績が10年以上もあるサイトは24時間サポートだったり、サポート体制が完備されているサイトが多いので、使いやすさが抜群にいいです。

長い運営実績があると言うことは、ちゃんと意味があるということですね。

●会社概要が書いてあるかどうか

何らかの商売をインターネット上で行うときは特商法の記述が法律で定められています。

出会い系サイトというものも、簡潔にいうならば異性を紹介する商売と言うことになりますから、ちゃんと届け出をださなければ運営することができません。

逆に、会社情報を記載していないサイトというのは、悪質サイトといっても過言ではありません。

インターネット上で何らかの商売を行うときは事業者側はカスタマーに対して、特商法に基づいた記載をする必要があります。

ちなみにワンクリック詐欺は事業者側が事前にユーザーに対して契約内容を表示し、ユーザーが契約に同意したわけではないので無効と言うことになります。

お金が発生することを別のページで表示するなど、料金体制をわかりにくくしているときも契約無効となります。

会社概要についても細かく記載事項が定められていて、会社名から住所や電話番号などを記載しなければなりません。

住所は何丁目何番地まで記載しなければいけませんが、悪質サイトの場合はそもそも会社情報のページ刷らないことが多いでしょう。

そもそもページが存在しないか、存在していたとしても、バーチャルオフィスだったりすることが多いのです。

悪質サイトに記載されている住所をネットで調べてみるととても会社があるようには思えないような場所だったと言うこともあります。

悪質サイトは人から金銭をだまし取ることを主としているので、会社概要や特商法などの記述がないサイトは利用しないようにしましょう。

もちろん優良の大手の出会い系サイトは特商法が明確に記載されているので、安心して利用することができます。

●利用規約が書いてあるか

利用規約が書いてあるかどうかと言うのは健全な会社かどうかを判断する上でとても大切な要素です。

ですので、利用規約の表示がなかったりする出会い系サイトは悪質サイトの可能性があるので、登録や利用は控えましょう。

出会い系サイトにかかわらず、多くの人がこういったサービスの利用規約をよく読まずに登録しがちです。

ですが、悪質サイトの場合はあえて利用規約に高額な料金が発生することを書いて、ぼったくろうとしてきます。

そして、利用規約に書いてあるからこれだけの料金を払えというように法外な料金を請求してきます。

ワンクリック詐欺などの悪質サイトに引っかからないようにするために利用規約を必ず読むようにしましょう。

●有料の方が安心!

インターネットの黎明期であれば、無料サイトでも興味本位で善意で運営されていたサイトがたくさんあったのですが、最近はお金にならないので、悪質サイトばかりになってしまいスパムメールや有料サイトへの誘導で稼ぐようになってしまいました。

無料で女の子と出会えるという広告は魅力的ですが、実際に無料サイトを使ってもそもそも女の子が存在していないので出会うことはできません。

有料のサイトはお金がかかりますが、その分いくらでも女の子と出会うことができますし、サポートも充実しているので、使いやすいです。

有料出会い系サイトでかかる費用は、安心してゆったりサイトを使えるので、対価としてはやすいものだと思います。

ですが、かけ離れた高額料金を取るサイトはあまりいいサイトではないので、注意しましょう。

例えば、有料の老舗のサイトだと、メール送信にかかる費用は50円くらいです。高くても80円くらいです。

悪質サイトでメールを送ろうものなら200円とか300円くらいかかってしまうこともあります。

そしてそういった高額請求をしてくるサイトというのはサクラばかりがいるので、出会えません。

そういう悪質な高額請求してきてサクラばかりのサイトを使うよりも、月に数千円くらいのポイント制の大手サイトを使った方が圧倒的にメリットがあります。

ちなみに都度払いのポイント制のサイトか定額制の月額サイトか、どちらがお得に使えて出会いやすいのか迷う人はいるのではないでしょうか。

ポイント制のサイトはサイトの使い方のテクニックを心得ているベテランの人、月額制のサイトは初心者の人や婚活目的の人におすすめです。

ポイント制のサイトはポイントの分だけしか使えないので、出費をおさえたいひとはポイント制のサイトはおすすめです。

ですが、初心者の人が使うと、思ったよりもポイントを無駄なところで消費してしまうので月額制のサイトの方が安上がりに出会うことができます。

定額制のサイトはどんな機能も使いたい放題で初心者向きですが、会員数がすくないというデメリットがあります。

なので、自分が求めているようなぴったりの相手と出会うまでに時間がかかるというデメリットもあります。

どちらの料金体制のサイトにも一長一短がありますので、どちらが自分に合っているのか両方使ってみるというのも一つの手です。

●別のサイトへ誘導しない

これは無料の出会い系サイトでよくやっている手口なのですが、例えばAというサイトに無料で登録をさせて別の有料サイトに同時に登録させるという手法です。

そして、別の有料サイトから女性から一日数十件もメールが送られてきます。

もちろん、すべてのメールはサクラなので、返信してもお金をだまし取られるだけですし、トラブルに巻き込まれるケースもあります。

同時登録というのは悪質サイトしかやっていない手法なので、同時登録しているサイトがあったら、利用するのをやめておきましょう。

この同時登録という悪質な手法は、昔は一時的にはやりましたが、今でもやっているサイトがあるので、登録する際は注意しておきましょう。

●年齢認証している

出会い系サイトの運営事業者には、利用者の年齢確認が義務づけられています。

なので、必然的に年齢確認をしていないサイトというのは不法に運営しているサイトなので、悪質サイトといえることができます。

ちなみに、出会い系サイトが年齢確認をしているかしていないかにかかわらず、未成年と性的交渉をすることは違法なのでやめておきましょう。

●出会い系を比較しているサイトから選ぶ

もちろん、比較サイトから選んでもある程度本当に優良サイトを選ぶことができます。

なので、もし自分で出会い系サイトを比較したり選んだりするのが面倒だったら、当サイトのランキングを駆使して本当に優良なサイトに登録してください。

ちなみに、簡単に出会えたり、安く出会えたり、無料で出会えたりする優良サイトというのは存在しないといっても過言ではありません。